更年期サプリで抑えておきたい基礎知識サイト

更年期サプリに期待できる働き

更年期障害の緩和に役立つのが更年期サプリです。

 

食事では摂りにくい成分を効率的に摂ることで、症状の緩和が期待できます。では、具体的にどんな働きが期待できるのでしょうか。

亜鉛の働き

女性ホルモンには髪の成長期を長くする働きがありますが、更年期を迎えると女性ホルモンの減少の影響で髪の成長期が短くなり、休止期が長くなって髪が育ちにくくなります。

 

女性ホルモンにはコラーゲンの生成を促す働きもあり、髪のコラーゲンがしっかり作られず弱い髪になります。その結果、一本一本が細く弱々しくなり、ボリュームがない髪になります。

 

亜鉛は細胞の合成に必要な栄養素で、不足すると抜け毛が増えます。亜鉛摂取だけで育毛はできませんが、抜け毛の予防に役立ちます。

 

亜鉛は体内のさまざまな酵素の働きにもかかわっていて、亜鉛を摂取することで酵素の働きがスムーズになり、体の機能が円滑になることも期待できます。

エクオールの働き

エクオールはスーパーイソフラボンといわれている成分です。イソフラボンには女性ホルモンのように働く作用があり、女性ホルモンの働きを助けて更年期障害を緩和します。

 

エクオールはイソフラボンから腸内細菌によって作られます。しかし、中にはエクオールを作れない人もいて、日本人の場合は50〜60%程度の人がエクオールを作れるといわれています。

 

エクオールを作れていない可能性があるので、サプリメントから摂取するのを考えてもよいでしょう

 

エクオールを12週間毎日10mg摂取してもらったところ、ホットフラッシュや肩や首の痛みが軽減したとうい結果が得られています。

アミノ酸の摂取

セロトニンはリラックスをもたらす物質です。うつ状態の方はセロトニンが不足しているといわれています。

 

セロトニンはトリプトファンというアミノ酸から作られます。セロトニンのサプリメントを飲んでも、脳血液関門があるため脳に届くことができませんが、トリプトファンを摂れば体内でセロトニンが作られてうつの軽減が期待できます。

 

このように更年期に摂取したい成分はたくさんあります。

 

参考記事>>更年期サプリでつらい症状を改善!徹底比較サイト

 

自分にあったサプリメントを選んで更年期を乗り切りましょう。